マンションを賃貸に出すために必要なこと

クリアしなければならない問題がいくつかある

マンション 賃貸に出す : ietty magazine

賃貸に出すことのリスクを理解すること : クリアしなければならない問題がいくつかある : 仲介の契約について

賃貸に出すためにはクリアしなければならない問題がいくつかあるからです。
まずは、分譲マンションの場合には、他人に貸すときには、管理組合・管理会社への連絡をすることが規約で決まっていることがあります。
入居者を募集してから貸せなくなったなんてことにならないためにも、最初に連絡をして必要な手続きはあるかを確認しましょう。
貸せるということがわかったら、どれだけ良い入居者を探せるのか、行き届いた管理が出来るのかということを左右する不動産会社を探します。
知名度の高い大手に任せるのか、それとも地域密着型の地元の会社に任せるのか、といったことや、賃貸だけの会社か、売買も行っている会社か、といったことを調べていきます。
出来れば、直接担当者や営業所を確認して、信頼ができるのかを確認したほうが良いでしょう。
不動産会社が決まったならば、取引の形態と契約の種類を考えます。
取引の形態は物件のオーナーが貸主となる貸主、不動産会社がオーナーに代わって募集から契約手続きを行なう代理、オーナーと入居者の間に入って募集や契約、仲介があります。
貸主はサブリースのように物件の一括借上げをする時に用いられるもので、故人のオーナーが行いません。
となれば代理か仲介ということになるのですが、代理はオーナーの意見が反映されやすい代わりに、細かいやり取りが必要になります。
遠方にいるので細かいやり取りが難しいし、信頼できる不動産会社に任せているというのであれば仲介で大丈夫でしょう。