マンションを賃貸に出すために必要なこと

仲介の契約について

賃貸に出すことのリスクを理解すること : クリアしなければならない問題がいくつかある : 仲介の契約について

次に仲介の契約ですが、一般媒介、専任媒介、専属専任媒介があります。
一般媒介は複数の会社に入居者募集を任せるもので、専任媒介、専属専任媒介は1社だけに絞って任せる契約です。
一般媒介を使えば、それだけ多くの人が募集広告を見ることになりますが、他の会社が入居者を見つけてしまえば、その宣伝費が無駄になってしまいます。
そのため、あまり力を入れないこともあります。
専任、専属専任の場合には、募集広告が出される機会が減りますが、その分力を入れて宣伝できます。
ただし、本当に信頼できる不動産会社であることが前提です。
専任と専属専任ではどう違うのかというと、選任の場合にはオーナーが自分で入居者を探すことが出来るけれども、専属専任の場合にはそれが禁止されています。
これはどちらが良いのかは、オーナーの判断によりますから、よく考えることが必要です。